マンション管理FAQ
現在の管理仕様が適切なのかわからない。
弊社の専門管理アドバイザーが現在の仕様を確認し、よりよい仕様をご提案します。
マンション事業部(022-265-5785)までお電話ください。
将来を見据えた中長期的な管理計画がないが大丈夫でしょうか?
弊社が作成する25年先(竣工後は30年先)を見据えた主たる工事及び資金計画を含め、修繕計画をご提案します。
マンション事業部(022-265-5785)までお電話ください。
マンションの災害対策が心配です。
止水板の設置や大地震の2次災害防止のための感震ブレーカーの設置、備蓄品等のご提案を行っています。
マンションの資産価値を維持するための工事時期と必要な工事内容を知りたい。
弊社が作成する25年先(竣工後は30年先)を見据えた主たる工事及び資金計画を含め、修繕計画をご提案します。
マンション事業部(022-265-5785)までお電話ください。
大規模改修工事で注意すべき点はどのようなことでしょうか?
重要なのは、施工時期、施工箇所、施工会社の選定、資金計画です。当社ではご要望に沿った提案を行います。
配管が古くなっているが、共用部分と専有部分を同時に工事できますか?
標準管理規約第21条に、「専有部分である設備のうち共用部分と構造上一体となった部分の管理を共用部分の管理と一体として行う必要があるときは、管理組合がこれを行うことができる。」とあります。
現在のマンションの管理規約が上記に変更されていない場合、まず、管理規約の改正を行うことで可能となります。
管理費等の滞納問題はどこまで対応してくれますか。
支払期限から起算して三ヶ月の間、電話若しくは自宅訪問又は督促状の方法により、督促を行います。三ヶ月を超える滞納につきましては、管理組合と協調して対応いたします。
フロント社員や管理員に教育等は行っていますか。
フロント:外部講師による専門的な研修やOJTに力を入れています。
また、発生した問題解決について、社内でグループディスカッションを行い、よりよい解決力の向上を目指し努めています。
管理員:月1回の研修会を開催し、業務の見直し、清掃の品質向上、また、各現場からの情報収集を行い、共有化しています。
大規模修繕工事も実施していますか。
実施しています。大規模修繕工事の設計・監理から施工まで一貫して対応できます。
実施しています。大規模修繕工事の設計・監理から施工まで一貫して対応できます。
管理組合との協議の上、ルールの掲示及び各戸への注意喚起の文書投函を行っています。
ゴミ置き場に問題がある場合は、改修工事のご提案も行っています。
先日、夜中に部屋の天井から水が垂れてくる、という出来事がありました。こんなとき対応はしてくれますか。
夜間は弊社のセキュリティセンターが駆け付け、1次対応いたします。その後、修繕対応の手配をいたします。
大規模災害時にはどのような対応をしてくれますか。
調査後、必要に応じて速やかに専門業者への手配を行います。
お部屋の被害状況を簡潔にまとめていただくと、対応がスムーズです。
陽光のお役立ち情報
資料請求・お問い合わせ
ページトップ